風況資源評価およびミクロ的な用地選定サービス

日本風力発電市場にお客様がプロジェクトを投資するリストを低減し、経済収益を向上します。

Slider

リスク回避

完備な風況資源とミクロ的な用地選定サービスによってお客様の投資する危険度を低減することができ、不確実性を伴う気象環境による投資リスクを回避します。

資産保障

精確的な風況資源評価および発電量シミュレーションデータを風力発電プロジェクトを投資する前の理論モデルとして、お客様の資産安全を保障します。

投資増加

ミクロ的な用地選定と位置最適化の配置を通じて、高い風力発電ユニットAEPを提供し、プロジェクトの全体収益率を増大させます。

商品紹介


GHRE風測定タワー技術規格

  1. ≤59.9m/s
  2. 沿海地域における防腐要求を満たせます;
  3. 取付けや運送に便利、車用直流キャプスタンで取り付けます;
  4. 螺旋杭を採用し、コンクリートを流し込まないで建築期間を短縮します;
  5. ケーブル支えでタワーの骨組みを固定します;
  6. 使用寿命は5-10年です;
  7. 自給電式。30Wソーラーパネル+リチウムバッテリー(12V12ah/直流)を使用し、≧72
    時間の長く給電ができます;
  8. 10M/20M/30M風速、風向、温度、気圧を収集します;
  9. 4Gによりデータをリモート転送され、SCADAシステムでモニタします;
  10. クラウドサーバにデータが保存します;

Our Services

現場探査

風力発電ユニットまたは風測定タワーの設置場所が確定された場合、地形および環境障がい物、植物など情報を撮影し、整理し、記録して、現場探査レポートを作成します。

風測定データの取り扱い

入手できた風況資源データに対してIEC61400-12-1基準に基づき、分析を行います。データ取り扱いとはデータに対する検証、訂正を指します。

長期にわたる風況資源計算

評価された地域における風測定データ、地形図の取り扱いおよび風測定タワーと位置座標を整理して作業へ変えた後に、WAsPとWTというソフトを利用して20年間にわたる風況資源データのシミュレーション計算を行います。

特定された地域の再確認

評価された地域に対しての長期風況資源データを評価した後に、もしその地域に複数の風力発電機を設置する場合、位置を最適化にし配置します。各位置においての風速分布、極限風速、乱流強度を分析します。

発電量の推算

風況資源計算の分析結果に対して、各位置での風速分布、極限風速、乱流強度、パワー曲線計算を合わせて評価された地域の今後20年間のエネルギーの産出と容量を計算します。

評価レポートの作成

レポートは評価された地域の概況、風測定データの分析説明、長期風況資源データ評価、位置風況資源のモデリングと評価、不確定度の分析、評価の結論などの内容を含みます。

Why Us?

専門サービス

評価周期が短い

計算の正確度が高い

評価コストが低い